Twitterのアイコンが丸くなってしまったので、昔ながらの寿司に戻す方法を紹介します。

Firefoxの場合

1. Greasemonkeyをインストールする

まずはGreasemonkeyをインストールします。

2017-06-19-sushi-01.png

インストールボタンを押して再起動すれば準備完了です。

2. スクリプトを追加する

2017-06-19-sushi-02.png

再起動が終わればFirefoxの右上にキモい猿みたいなアイコンが出てくると思うので、その横にある三角形のボタンを押し、「ユーザースクリプト新規作成」をクリックします。

すると次のようなウィンドウが出てくると思います。

2017-06-19-sushi-03.png

「名前」「名前空間」「説明」のところはなんでもいいので、sushiとでも入れておきましょう。重要なのは、「実行するページ」の欄に「https://twitter.com/」と入力することです。

入力が終わったらOKを押しましょう。次のようなウィンドウが出てくるはずです。

2017-06-19-sushi-04.png

この色々書いてるやつの一番下に、以下のコードをコピペします。

var ob = new MutationObserver(function (rec, self) {
  $('.avatar, .Avatar, .js-action-profile-avatar').attr('src', 'https://abs.twimg.com/emoji/v2/72x72/1f363.png');
});
ob.observe(document.body, { subtree: true, childList: true });

コピペが終わったら「保存」を押して、ウィンドウを閉じましょう。そしてTwitterのページを開くと……

2017-06-19-sushi-05.png

このようにアイコンが昔ながらの寿司に戻っているはずです。

Firefox以外の場合

Firefox以外のブラウザでも、Greasemonkey相当のことができるアドオンがあるようです。

参考: http://qiita.com/GODVA_GOBBA/items/34fd127578ddb91dfd82